EMPLOYEES

人を知る

NOUMI

農海

店長

image
talk.01
入社まで

どんな学生時代を過ごしていましたか?

日本体育大学でサッカー部に所属しており、大学生活の9割はサッカーをしてました。サッカーをするうえで大切にしていたことは、自分のスマホで毎日練習時の目的・目標設定をして、結果を打ち込んで振り返りを行うことです。それが、目標から逆算して、自分がやるべきことを明確化する習慣に繋がったと思います。学生時代は、親や周りの人には本当に恵まれていて、本当に感謝をしてもしきれないくらい感謝をしています。その恩返しを社会人になって絶対に返そうという気持ちを常に持っていました。

CSを選んだ決め手は何ですか?

選んだ決め手は、直感ですね。直感と言ったら「大丈夫?」と思われるかも知れませんが、出会った瞬間からCSの価値観や考え方が、完全に自分と同じような気がしました!また、就活時の軸が「自己成長」ということもあり、内定者時代に参加をした経営計画発表会で受賞していた先輩方を見て、自分も絶対にステージに立つと決心しました!それがCSでの目標になり、そこにいくまでの過程が他社と比べて1番成長できると思いました!

出会ってから承諾まで期間、就活生としての過ごし方(
葛藤の日々)を赤裸々にお願いします!

実は、内定から4ヶ月後、自分自身のやりたいことだった人材育成の会社とCS、どちらに入社をするか悩んだ時期があります。元々周りの人の成長や、人に何かを教えることが好きなので、本当に悩みました。

カフェに1日11時間篭って「自分はどうなりたいのか?」を1週間ひたすら考えてました(笑)そこで気づいたことは、「自分が決めた選択を◯にしていくのは自分しかいない」ということです。周りの人の成長や喜びを実現出来る力を身に付けるのは、自分が活躍をした後だと思いました。

それが実現できるCSに入社を決め、恩返しとして、自分自身の経験でCSの考えを世に広めたいという気持ちに変わりました。あの時に今後無いくらい自分と向き合ったからこそ今があると思うので、迷ったことも当時の僕自身には必要な過程だったと思います。

内定者時代にやってて良かったことを教えてくださ
い!

インターンと就活セミナーです。インターンは、現場を知っておく為、入社時から同期と差を付ける為に必要だと思います。事前に知っておいた方が良い情報を、聞くだけでなく体験することが大切だと思い経験を積んでいました。

就活セミナーは、もっと周りの人の役に立ちたいという思いがあり、人事の方に就活生向けのセミナーを行いたいと直談判して、同期の協力のもと実現しました。「人に伝えること」「0からの集客」の難しさを痛感しましたが、その経験が今の志事に活きています。

また、同期と本気で真剣に「来てくれる学生のために」という想いで、ぶつかり合って仲が深まったことも良い経験です。内定者時代にとにかく貪欲に忙しさを言い訳にせず、欲張って「経験」に重きを置いたことが、新人賞に間違いなく繋がったと思います。

talk.03
社会人になってからぶつかった壁

入社後に感じたGAPについて

GAPはないですね。事前にインターンに入っていたというのと、説明会、内定者イベント、就活セミナーと全てに参加していたので。GAPも結局は、自分に責任があると思います。事実、自分が会社のことを知る経験をしようと思えば、インターンでも内定者イベントをお願いしたりいくらでも方法があると思いますし。入社後のGAPが怖いのであれば、入社前に動けば良いだけだと思います。

1年目の目標とその結果どうだったか。その目標達成ま
でに乗り越えた自身の課題ベスト1を教えてください!

1年目の目標は、新人賞受賞と責任者就任の2つです。

この2つは入社する前から決めていて、両方とも達成することが出来ました!ただ、簡単ではありませんでした。目標達成までに感じた課題は、自分だけで上手くやろうとしてしまっていたことです。追い込まれるまで相談せず、自分1人でどうにかしようとして、失敗をして…を繰り返していました。

そんな時に上司である渡部SMG(当時店長)に教えていただいたのが 「信頼すること」と「相手目線」の大切さです。

まずは、自分の課題を素直に認め、事前に教えを乞うことが大切だと気づきました。そこから、上司へのホウレンソウをこれまでの5倍行うようになりました。さらに、私が成長に向かって思いっきり挑戦出来るのは、周りの店舗スタッフのおかげだと気づきくことができ、感謝の気持ちを、言葉と行動で伝えるようにしました。

その結果、自分でどうにかしようとして空回りしていた自分が、店舗のみんなに応援され、お客様にも喜んでもらえるまでになれました。周りの人のおかげで1年目の目標を達成することが出来ました。どんな時も自分の不足を素直に認め、感謝の気持ちを忘れずに相手のために自分から行動変化をすることが大事だと思います。

内定者時代〜今までの成長の過程で11期で良かったと思
うことがあれば教えてください!

全員が何に対しても「本気」というところです!

イベントをやるにしても、入社後の仕事にしても、たまにみんなで集まって遊ぶ時も、何をやるのも全力で本気でやる雰囲気が自分は大好きです!

毎回良い影響を貰いますし、自分も負けてられないと思えます!また、ライバルの存在も大きいです!田井という同期がいるのですが、同期の中で1番仲が良いのに、1年目は新人賞を目指してお互いの実績や成長をめちゃくちゃ気にしてました。

また、山田という自分と同時期に責任者になった同期もいますし、10月から女性で責任者になった阿部もいるので、 11期の新人賞争いが史上最高に熾烈だったと言えるのは、お互いが意識し合い、成長に向かって行動出来るライバルを始めとした11期の存在が大きいんじゃないかと思います。

社会人2年目になってもよく集まって志事の話やプライベートな話で盛り上がってますよ。

talk.04
最後に
最後に

今の課題と来期への目標をお願いします! 最後に一言
で就活生にむけてメッセージお願いします

今は、2021年12月に社長賞と2021年1月までに正式店長就任に向けて、日々部下と本気で目標達成に向けて走っています!

指標を達成出来ない時もありますが、周りの人がいるからこそ、前向きにチャレンジが出来ています。

上司と部下には日々本気で関わっておりますので、全員が今期笑って終えるように、上司への恩返しと部下の成長に責任を持って、自分自身も成長していきます!

ENTRY